小江戸川越のお米屋 "KOME山田屋"のトーキング・トゥ・米セルフ

寒仕込みの手前味噌

麹① KOME山田屋

昔から寒の水は腐らないと言われ、酒や醤油や味噌はこの寒に仕込むのが最適と言われています。(俗に言う寒仕込み)
お蔭様でKOME山田屋では年々、手作り味噌を作るお客様が増えております。

手前味噌という言葉があるようにその家庭ごとに仕込んだお味噌の味がありました。味噌は発酵食品ですので、そこに住みつく菌の状態や発酵具合によって同じ原料を使用してもまったく違う味のものが出来あがります。愛情を込めて作った手前味噌に適うものはなかなかございませんね。

麹② KOME山田屋

KOME山田屋では、麹は米こうじ、麦こうじ、玄米こうじの3種類をご用意させて頂きました。あわせてお味噌仕込みに適した、国産の丸大豆も同時に販売中です!手作り味噌のレシピもプレゼントしておりますので、今年はぜひ手前味噌にチャレンジして頂けたらと思います♪

国産大豆 KOME山田屋

皆さんも今年は手前味噌作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーサイト

福豆さん

節分2017

明日よりKOME山田屋では節分用の豆を販売いたします。鬼打ち豆、福豆など呼び方が色々あります!

当店の福豆は遺伝子組み換えでない国産無添加大豆を100%使用しておりますので、豆をまくだけでなく安心してお召し上がり頂けます♪ また、季節もののアイテムの為、今年も1回仕入れ、売れ切れ仕舞いとなります。ご了承のほどお願い致しますm(_ _)m

節分(2月3日)は年男(その年のえとの生まれの男性)あるいは一家の主人が「福は内、鬼は外」といいながら煎った大豆をまき、みんな自分の年の数だけ豆を食べるとこれから1年病気にならないと言われています。また妊婦のいる家庭ではこの豆を安産のお守りにもします。もともと宮中の行事が一般家庭に普及したものだそうです。

写真-4

POPもとりあえず書きました!豊作くんもおススメしております♪


節分 川越KOME山田屋

せっかっくですから自分で簡単に大豆から作れる節分の福豆の作り方をご紹介いたします!

①生の国産の新大豆を熱湯に約2時間半ぐらい浸します。
②浸して大豆がふやけたらザルに上げた後、キッチンペーパーなどで豆の回りの水分をふき取ってください。
③その後大豆をしっかり炒りますと柔らかい炒り大豆の完成です♪

ぜひお試しあれ~~!!

島の香り 隠岐藻塩米きぬむすめデビュー♪

今から3年前の10月14日(月)に放送された月曜から夜ふかしで紹介された『島の香り隠岐藻塩米コシヒカリ』を覚えていらっしゃいますでしょうか?

当時このお米を販売しているお店があまり多くなかったので、番組放送直後より購入希望やお問い合わせのお客様がKOME山田屋にも殺到し、今でも忘れる事が出来ない思い出の一つとなっております(^-^ゞ

そして2年前に、ご縁を頂き同じ隠岐藻塩米でもコシヒカリではなく、島根県を代表する品種である『きぬむすめ』を藻塩で試験栽培された物を当店でテスト販売させて頂く機会を頂きました。東京のお米屋さんと埼玉では当店だけの合計5店舗による藻塩米きぬむすめのテスト販売です。

その時、当店には300kgお分け頂いたのですが、もともと当店には既に藻塩米コシヒカリのファンがいらっしゃいましたので、この300kgがわずか2週間で完売してしまいました。

そして昨年はその約数倍の藻塩米きぬむすめを頂きましたが、昨年もまだテスト販売であった為、店頭には置かないで当店の裏メニュー的なお米として販売して来ました。 そして今年、島の香り隠岐藻塩米きぬむすめは正式デビューとなりました!

実は今年正式デビューが決定するにおいて、当店からの後押しや意見もかなり決め手になったと生産者さんや産地からも後日聞かされました。 最近は新しい品種のお米や人気の新ブランド米もどんどん誕生しておりますが、まだまだコシヒカリの生産や販売から脱却できない部分もあり、変わり者の当店としてはとにかく栽培を頑張って頂き、藻塩米きぬむすめの本格デビューを蔭ながら応援してきました!

藻塩米

待ちに待った島の香り隠岐藻塩米きぬむすめが入荷してまいりました!!!


隠岐藻塩米きぬむすめ

藻塩米きぬむすめ④

「島根県の隠岐島でとれるアラメという海藻を海水で煮詰めてできる藻塩。これを水で薄めて散布することにより稲がミネラルを吸収。さらに隠岐島の土壌はマグネシウムを多く含んでいるため、お米の甘み・粘り・弾力が違います。」と言う極々一般的なセールストークは止めにして、兎に角この3年間で今年が1番出来がよいです。

大粒でっしかりめではありますが、粘りも程良くあります。そしてこの米の一番のセールスポイントは何と言っても1口目より2口目2口目より3口目の方がお米の旨みを感じどんどん美味しくなっていく感覚がある事です。また、産地では味の濃いおかずに合うと言う言い方をされておりますが、もしこの味と品質を毎年維持し続けて頂けたら、藻塩米コシヒカリとは甘みの質は違いますが、別に濃いおかずでなくお米本来の上品なほのかな甘さと味が、おかずを引きたてるだけでなくごはん単体でも飽きることなく沢山食べれるお米だと思います。

テスト販売の1年目で既に産地の生産者さんにはKOME山田屋は藻塩米コシヒカリではなく、きぬむすめの方で勝負する心構えでいるので、とにかく美味しいやつを作って下さいと言い続けて来ましたので、今年のこの出来には本当に嬉しいです。また生産者さんと産地の努力に頭が下がります!m(_ _)m


2年前に藻塩米きぬむすめを食べて以来、産地の隠岐には一切黙っておりましたが実は密かに別の産地や生産者のきぬむすめを沢山食べて食味や印象を比べて来ました!お米以外の【食の展示会】でも、もしきぬむすめが並んでいたら必ずそのきぬむすめのサンプルを頂いては試食をしました。

28年産隠岐藻塩米きぬむすめについては、きぬむすめを超えた別物のきぬむすめと言うのが私の印象です。
ただ唯一困ったことは残念な事に正式デビューとは言え、今年はまだ生産量が少ないのでエンジン全開で販売出来ない事でしょうか?!むやみに急に作付けを増やして味にバラつきが出ても困りますけどね(^ ^;

本日、11月26日よりお餅のご予約を承ります!

もちつき1
さて、今年もお正月のお餅のご予約の季節がやってまいりました。最近お餅は一年中食べられるようになりましたが、お正月ぐらいはやはり米屋の混ざりけのない美味しいお餅はいかがでしょうか?

お正月用お餅①

お正月用お餅③

のし餅は、山形県最上郡の大場繁寿さんに栽培して頂いたもち米を使用して、より一層手間隙を掛けて搗きます。KOME山田屋のお餅はすべて添加物を一切使用しないお餅です!

のし餅(2kgサイズ)は白のし餅・あわのし餅・きびのし餅・のり入れのし餅の4種類をご用意させて頂きました。

・無添加 白のし餅(2kg)      1枚2,300円
・無添加 あわのし餅(2kg)     1枚2,800円
・無添加きびのし餅(2kg)      1枚2,800円
・無添加 のり入れのし餅(2kg)  1枚2,600円



また、ここ数年販売して一番人気の玄米のし餅も1kgサイズのみですが販売させて頂きます。
お正月用お餅②

・無添加 玄米のし餅 1枚1,350円(1kg)
・無添加 白のし餅(1kg)        1枚1,200円
・無添加 あわのし餅(1kg)       1枚1,450円
・無添加きびのし餅(1kg)        1枚1,450円
・無添加 のり入れのし餅(1kg)    1枚1,350円


◎その他、かき餅として玄米、あわ、きび、のり、えびを搗きます!お値段はどれも1本(450g) 750円 です。
(価格はすべて税込価格となっております!)


尚、KOME山田屋ののし餅は量産がとても難しい為、誠に申し訳ございませんが今年も限定生産の完全予約制とさせて頂きます。予定数に達した時点で予約は〆切らせて頂きますのでご容赦願います!m(_ _)m
お引渡しは12月27日(火)、28日(水)、30日(金)の3日間午後のみです!この中からお好きな日をお選びいただけます♪


ご予約はお電話かメールで承ります。
ご予約につきましてはお尋ねさせて頂くのは下記の通りです!
・お名前
・ご住所
・連絡のつくお電話番号(携帯電話可)
・ご希望の商品と数量
・受け渡し希望日(27日、28日、30日の何れかの午後をお選び頂きます)

ご注文を心からお待ち致しておりますm(_ _)m

KOME山田屋
埼玉県川越市新富町1-8-1
Tel 049-222-1247
info@kome-yamadaya.com

今年もKOME山田屋に天使が舞い降りて来ました!(^_^)v



クリスマスまであと1ヶ月。
街並みもクリスマスのディスプレイやイルミネ-ションでだんだん賑やかになってまいりました。

そしてクリスマスらしい新米も入荷して来ております。

そうです!!佐賀県のプレミアム天使の詩です♪

天使⑪


天使の詩はKOME山田屋ではリピート率のとても高いお米です。大粒で厚みがあり、しなやかなふんわり感とお米一粒一粒の充実が良いのでしっかり感と食べ応えもあり、ご飯のツヤも抜群です!冷めても程よい粘りと甘みがある、まさしくエンジェルなライスです♪
天使の詩を筆頭に佐賀米はKOME山田屋には無くてはならない大きく太い柱の一つになっております。


天使の詩⑨

実は国内で天使の詩を栽培されているのはこの城田西地区のわずか120人ぐらいの農家さんだけなのです。 如何にレアなお米かわかって頂けると思います。ただ天使の詩は栽培の難しさから、後継品種である【さがびより】の栽培に移行する農家さんが多くなりました。

さがびよりも天使の詩の食味の特徴を継承した美味しいお米ではありますが、天使の詩はKOME山田屋では10年掛けて大切に当店の人気商品として育てて来たお米なので思い入れが違いますし、また天使の詩の良さや特徴、そしてどんなお客様にどのようにお薦めしたら良いのか熟知しております♪


天使⑬

KOME山田屋ではその中でもさらに限定契約栽培の『プレミアム天使の詩』だけを販売しておりますので、味も品質も素敵です。
今年も9月25日に天使の詩の田んぼを見に城田西へ行ってまいりました。

天使⑫
天使⑭



天使の詩⑩

天使の詩、クリスマスプレゼントやお歳暮としていかがでしょうか?!







【粕(カス)と呼ぶには全く相応しくない逸品です】

純米大吟醸酒粕

大変お待たせ致しました!
大和川酒造店さんの弥衛門酒の酒粕がいよいよ入荷しました!!
いわゆる、今年の初搾りの純米大吟醸酒の酒粕です。

絶対的に
KOME山田屋の冬の超人気アイテムです。何しろリピーターさんが沢山いらっしゃいまして、わざわざ都内や近県から当店に買いに来られる方も多いのです。

一般的に市販されている酒粕や大吟醸酒粕 と違い、酵母がまだ元気よく生きており、もろみの中で溶け切れなかった米粒や米麹、それに清酒成分を含んでいるため栄養価も高いです。

甘酒にしても料理にお使い頂いても、そのまま焼いて食べても芳醇な香りと味が抜群で美味しいです。【粕(カス)と呼ぶには全く相応しくない逸品です】

酒粕料理

一般家庭の皆さまだけでなく、特にプロの料理人の方々からの支持と評価も絶大で、今までこの酒粕をお使い頂いて色々なお料理やコラボ商品を作りだして頂いております。

とにかくKOME山田屋、冬の一押しで~す。ぜひ一度この酒粕に関わってみてください♪

チョコレート売りの米屋!

写真-4

この数年で冬はマッチ売りの少女ではなく、チョコレート売りの米屋のイメージもだいぶ浸透して来ました。 もしかしたら川越で冬に一番チョコレートを売るお店はお菓子やさんでもケーキ屋さんでもなくお米屋さんだったりして....。(^^;;

そんなわけで最近はお米の配達中でもチョコレートありますか?なんて聞かれる事も時々あります。13%ぐらいの確率でチョコレートも一緒に持って配達をしている事がありますのが笑わないでくださいね(*^_^*)

14925232_1687066361304431_1893480429929838406_n.jpg

でもお店の方が品揃えは豊富ですし、こらから更にチョコレートのアイテムを増やす予定なので楽しみしていて頂けたらと思います♪

数日前のブログにも書いたのですが、最近一番お問い合わせの多いお米は【はくい自然栽培米】の新米はもう入荷したかどうかです!お待たせしましたいつでも販売や出荷出来る体制が整っております。肥料・農薬・除草剤が0.00%で栽培されたお米です。

◎詳細はこちらをごらん下さいね(^^)v



『はくい自然栽培米』

写真9

夜はひじきごはんを作りました。

お米は先日、新米に切り替わったばかりの『はくい自然栽培米』です。

木村さん

写真8


今から7年前に、世界遺産の地でもある石川県羽咋市のJAはくいさんが、奇跡のりんごで知られる木村秋則氏指導のもと、肥料・農薬・除草剤を一切使わず自然の力のみでお米の生産を開始しました。(JAはくい のと里山自然栽培生産部会)

本来JA(農業協同組合)とは肥料や農薬を提供して売上とするのが一般的ですが、はくいはその肥料や農薬や除草剤を使わない農業を推進する為に自然栽培農業塾を開催しています。


写真2

そして更に現在は、羽咋市の自然栽培の聖地化を目指してJAと市(行政)が一体となってプロジェクトを進めております。

そんなJAはくいさんと今から3年前にご縁頂きKOME山田屋でもはくい自然栽培米の販売およびPRにご協力をさせて頂いております。


写真

こちらは昨年JAはくいさんと当店で自然栽培米のオリジナルパッケージをコラボデザインさせて頂いたものです。

実はKOME山田屋ではくい自然栽培米より以前に最初に無肥料・無農薬・無除草剤の自然栽培のお米をお取扱いしたのは22年前で、当時は、米屋としては時代がかなり早過ぎたのか、なかなかお客様に理解して頂けませんでした。時を経てやっと時代が自然栽培に追いついて来たと言う実感があります。 お蔭さまで、このはくい自然栽培米も関心やご購入頂けるお客様が増えてまいりました。また、JAはくいさんも自然栽培の米作りや野菜、果物作りに着実に成果を上げていらっしゃいます。とても喜ばしい事です。

これからも自然栽培の流れが全国に広がるように協力して行きたいと思います。

写真-7


写真-4


写真-6

お米の感想を簡単に一言でいうと、とにかくごはんが進み過ぎてしまいます!!(^^)
ごはんだけでも3杯は行けちゃいますね♪

新だしの欠品について



誠に申し訳ございません。

先日のお弁当レシピコンテストの賞品としてもお出しさせて頂いた笛木醤油さんの『新春夏秋冬だしの素』が昨日と本日の2日間で大量買いがございまして、売切れてしまいました。

来週には入荷いたしますのでしばしお待ち下さいm(_ _)m

希少な香り米

最近SNS上で香り米の話題を目にする機会が結構ありましたのでKOME山田屋でも同じ香り米でもちょっと希少な香り米のお話をしたいと思います。

こちらがその香り米です!

近頃、四国などで品種改良したし香り米や在来種から選抜され育成された香り米などが栽培されておりますが、こちらは純然たる在来の香り米です! 山田屋が30年来お付き合いしている山形の農家さんが大正~昭和初期頃より自家採種して種を残して来たものです。よく見て頂くとわかると思いますが、うるち米というよりもち米に近い品種の香り米です!

香り米

うっすらではありますが、麦のように中心に筋が入っています。
在来だからと言う理由かどうかわかりませんが、一般的に流通している香り米より香りが強いです!江戸時代には祭事や客人へのもてなしの時に食べられたそうです!

香り米②


栽培が難しいのと作付けも極端に少ないので、当店での販売先も決まっている為、ほとんど紹介してないのですが、実は昨年シボネボルケさんで開催されたあの【米と塩】の会でお披露目させて頂いた事があります。

B

写真-5

こう言うものに出会う機会があるのもご縁なんだと思います。ありがたいですね♪


14611025_995881443853940_550756095522118947_n.jpg

おまけ!
稲穂に乗った豊作くんハロウィンバージョン。この画像を投稿したのはちょっと企画中の事があります。お楽しみに~♪