小江戸川越のお米屋 "KOME山田屋"のトーキング・トゥ・米セルフ

【極上 手いり麦茶】 手づくり麦茶は美味しいね〜!

このところの気温の上昇とともに【極上 手いり麦茶】が売れはじめました。

ところでみなさん麦茶は日本最古のお茶と言うのをご存知ですか?
緑茶が伝来する以前、平安時代の貴族達は、これを『麦湯』と呼び、たしなんでいました。江戸時代には町中に『麦湯店』が登場。そして、明治時代になると一般家庭でも盛んに飲むようになり、夏の風物詩として定着しました。

麦茶には食物繊維が多く含まれているので、整腸効果や便秘を防ぐ働きがあり、健康飲料としても注目されています。

当店で販売するこの【極上 手いり麦茶】は、カナダ産やオーストラリア産の大麦を使う工場が増える中、頑固に茨城産の六条大麦を使用した麦茶です。
また、こだわりは大麦の煎り方。レンガ作りの窯で、強火で一気に火を入れ、麦の中まで火を通さないので、香ばしい香りと濃い色を保ちながら、大麦の甘味が損なわれません。

日々の気温や湿度によって微妙に変える火の強さと煎る時間は、先代から受け継がれた熟練の技です。

ぜひ一度お試しください♪

極上麦茶


この数年、トラットリア・カーロさんとはこんな人気のコラボメニューがあります♪『極上手いり麦茶のジェラート』
今年もそろそろお店のメニューに登場するかなぁ?
手炒り極上麦茶のジェラート


トラットリア・カーロ
〒350-0066 埼玉県川越市連雀町14−2
Tel:049-299-8959


スポンサーサイト

冷し中華始めました!

 冷やし中華今年も始まりましたよ~!
 
当店の夏の人気アイテムのひとつです!



_20160520_220617.jpg

お店で食べる冷やし中華も美味しいですが、ご自分の好きな具を乗せてワイワイと楽しみながら 自宅で食べる「冷し中華」も美味しいですね。

【生粋麺太 冷し中華】

≪美味しさの秘密 ≫
◎こだわりの半生麺
麺作りは保存料を使わず、中華麺本来の風味・食感を大切にしたこだわりのちぢれ麺です。
◎冷やし中華スープ
さっぱりした冷やし中華スープに、オイスターソースのうまみを効かせました。「はちみつ」と「りんご果汁」の甘味と「赤ワイン」の風味、「りんご酢」の酸味が特徴のスープです。
◎天然水による麺づくり
めんづくりは水が命です。信州木曽御岳山麓水系の天然水を使用しています。
◎保存料・着色料不使用
独自の製法で、半生麺で常温保存90日を可能にしました。 もちろん保存料・着色料不使用の麺だから、安心して食べられます。

某食堂さんもこの【生粋麺太 冷し中華】を使われております♪
酸っぱさも控えめなのでお子様でも食べやすいですよ~!(^^)v

冷やし中華③

「報道特集」 全国に広がる自然栽培

先日お知らせさて頂き、22日のTBS系列テレビ「報道特集」で放送されました特集【全国に広がる自然栽培】をご覧頂けましたでしょうか?

全国の自然栽培の取組みが全国放送の特集として、しかも20分も放送されたのは初めての事です。
「自然栽培ってなに?」、「自然栽培やることで、どんな影響があるの?」全国で、スポーツ選手や福祉事業者、そして地域で...

番組終了後、早速KOME山田屋にもお問い合わせを沢山頂きまして、改めて自然栽培への関心が高い事を実感いたしました。

18057044_1483891668386246_4580855143371921285_n.jpg




番組内では自然栽培の聖地化を目指している石川県はくい市のJAはくいの取り組みも紹介されました。
インタビューをうける粟木さん。当店も日頃お世話になっております。

18118736_1483891705052909_1715465485220647396_n.jpg

18056905_1483891651719581_2815821599540878804_n.jpg

18057173_1483891688386244_7531825141090745639_n.jpg


当店がお米のアイテムの1つとして自然栽培のお米を最初にお店に置いたのが22年前。
当時はまったく理解されず、自然栽培の話をしようものならまるで気違い扱い。特に同業のお米屋さんや米業界の多くの方から「無肥料、無農薬、無除草でお米が育つわけがない。」「今まで使用していた肥料が田んぼから抜けてないだけ。」などさんざんの言われようでした(笑) 
米屋である、当店のスタンスとしては決して慣行栽培や特別栽培、有機栽培をすべて否定してとにかく自然栽培有りきと言うわけではないのですが、風当たりは今思うとかなり厳しいものがありました(^^;

ただ今回の放送の反響を見ても、お蔭様で一般のお客様の関心度と支持はひしひしと伝わってきましたので、これからもアイテムの1つとしてこの自然栽培が少しでも拡がるように非力ながらKOME山田屋も協力させて頂きたいと思います。

番組で紹介されたはくい自然栽培米、もちろんKOME山田屋で絶賛販売中です!!
実は全国のお米屋さんでこのお米が購入出来るのは、KOME山田屋の他には香川県の溝口食糧さんです!

当店同様に、いやそれ以上に自然栽培についても勉強され、お米屋さんとしては何歩も先を行かれております。関西方面のお客様でご興味のある方は、ぜひ溝口食糧さんではくい自然栽培米をご購入いただけたらと思います。

番組を見そびれた方の為に動画です!
自然栽培は農業を変えるか 

自然栽培米 ハッピーヒル

皆さん自然農法のパイオニアと言われる福岡正信さんをご存じでしょうか?

福岡さんの自然農法は耕さない、農薬や肥料をやらない、直播と言った農法です。その福岡さんが残された遺産のひとつに【ハッピーヒル】という稲の品種があります。

終戦直後、ビルマの奥地から日本兵が持ち帰った稲と、日本の在来の稲を福岡さんが交配し育成固定したもので、自然栽培(無肥料・無農薬)に適した品種です!

ハッピーヒルの名は「福岡」の直訳。ハッピー=福、ヒル=岡。

私も過去に自然栽培のハッピーヒルを2度ほど食べる機会がありましたが、食味がイマイチだったり栽培量が少なく、販売するまではには至りませんでした。


しかし現在そのハッピーヒルがKOME山田屋のお店にございます。しかも農薬も肥料も使わないで栽培された自然栽培のハッピーヒルです!!

このハッピーヒルは日頃お世話になっている自然栽培の聖地とも呼ばれるJAはくいさんに分けて頂いたものです。JAはくいさんとは過去にコラボデザインさせて頂いた自然栽培米のパッケージもあり、またその自然栽培米もKOME山田屋で多く販売させて頂いており、人気のお米の1つです。
詳しくは過去のブログをご覧ください!

はくい自然栽培米


いつのものようにハッピーヒルも玄米・白米・分づき米の状態で何度か食べました!

ハッピーヒル玄米

ハッピーヒル玄米②

こちらは玄米で炊いたハッピーヒル

ハッピーヒル玄米むすび

そしてこちらはハッピーヒルの玄米むすび


ハッピーヒル白米

ハッピーヒルの白米


粒は小粒で粘りもそれほど強くはありませんが過去に2度食す機会があったハッピーヒルと比べると今回のはくいのハッピーヒルの食味が一番良いです。しかもよく噛むと甘みが滲み出て来るのが特徴です。

どんな感じでこのハッピーヒルを販売しようか色々と考えたのですが、KOME山田屋ではこのハッピーヒルの特性をもっとも表現しやすい、分づき米と玄米で食べるお客様専用に販売をさせて頂く事にしました。もちろん白米で食べてみたい人も拒否は致しません!(*^_^*)

こんなお米も当店のアイテムとしてあります。
希少なこの自然栽培ハッピーヒルをぜひ一度体験してみてください♪








ふき味噌ごはんとササニシキあり〼




先日、炊きたてのごはんに自家製のふき味噌を乗せて食べました!
ふき味噌は、自宅でとれたフキノトウを使って作りました。簡単に作れてほんのりほろ苦く大人の味で、自然とごはんが進んじゃいました♪

ふき味噌ごはんに使ったお米は『宮城県産の特別栽培米ササニシキ』です!

私の子供の頃は、お米と言ったらこしひかりかササニシキと言うぐらい有名な2大銘柄だったのですが、今はお店で販売されているのを本当に見掛けなくなりました。当店を含め限られたお米屋さんか、ササニシキを栽培されている極わずかなお米農家さんぐらいしか販売しておりません。

こしひかりのように粘りが強過ぎず、あっさりでありながらもしなやかでKOME山田屋の店主も好きなお米の1つです。また、コシヒカリなど、粘りの強いお米に比べ、アミロースを多く含んでいるため、食後の血糖値の上昇が緩やかになるようです。糖尿病の恐れがある方や、アトピーの方にも良いという言われがあり、最近はササニシキを探されているお客様がけっこういらっしゃいます。

当店では長年お寿司やさんや和懐石料理のお店さんからのササニシキを指名買いなどもありまして、契約栽培でササニシキを年間を通して確保・販売いたしております。

ササニシキあり〼

そんなわけで、ササニシキをお探しの皆さま、川越のKOME山田屋にはササニシキあり〼 

桜三昧

桜の季節が近づくとなんとなくウキウキしますね♪

今年も桜にちなんだアイテムを発注してみました。 3月3日のひな祭りの日の午後に入荷予定です!!

『桜カステラ』

お米屋さんなのにまたーー!!って言われるかも知れませんが、

米屋だっておすすめのカステラです
良いなって思ったものはどんどんご紹介しちゃいます!f(^_^)"

桜カステラPOP

新鮮な鶏卵をたっぷり使い、塩漬けにした桜葉を練り込んであるのでカステラの甘みと桜葉の塩気が程良くマッチした独特の風味としっとり食感です。食べやすいサイズにスライスしてあります。 

桜カステラ

季節の味が楽しめます(^^)v

そしてクレアモール桜の開花大予想もまだまだこれからですよ~!皆さまのご応募お待ちしておりますo(^ ^)o

クレアモール桜の開花大予想2017

桜の開花大予想2017

【地鶏めしの素】

最近、商品を販売していて自分では知らず知らずのうちに当たり前のように慣れっこになってしまっている事にふと気付きましたので、当店の定番の売れ筋商品を時々皆さまにもご紹介して行こうと思います。

【地鶏めしの素】

皆さんご存じでしょうか?
炊きたてのご飯に混ぜるだけで本格的な地鶏めしが楽しめちゃうんです♪

地鶏肉に国内産の人参・ごぼう・椎茸を合わせた地鶏めしの素です。お手軽、簡単に作れちゃうのが良いですね。



16998184_1316045081837573_5127374575036368606_n.jpg

さてさてこの地鶏めしの素には、お米はササニシキなんてマッチすると思います。
べたべたしないでサラッと食べれちゃいます。もちろんササニシキに固守することなく、皆さんのお好みのお米でも美味しく頂けます。

週一でこの地鶏めしの素を購入されるお客様がいるぐらいなのです。皆さんもぜひ一度試してみてください!(*^_^*)

寒仕込みの手前味噌

麹① KOME山田屋

昔から寒の水は腐らないと言われ、酒や醤油や味噌はこの寒に仕込むのが最適と言われています。(俗に言う寒仕込み)
お蔭様でKOME山田屋では年々、手作り味噌を作るお客様が増えております。

手前味噌という言葉があるようにその家庭ごとに仕込んだお味噌の味がありました。味噌は発酵食品ですので、そこに住みつく菌の状態や発酵具合によって同じ原料を使用してもまったく違う味のものが出来あがります。愛情を込めて作った手前味噌に適うものはなかなかございませんね。

麹② KOME山田屋

KOME山田屋では、麹は米こうじ、麦こうじ、玄米こうじの3種類をご用意させて頂きました。あわせてお味噌仕込みに適した、国産の丸大豆も同時に販売中です!手作り味噌のレシピもプレゼントしておりますので、今年はぜひ手前味噌にチャレンジして頂けたらと思います♪

国産大豆 KOME山田屋

皆さんも今年は手前味噌作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

福豆さん

節分2017

明日よりKOME山田屋では節分用の豆を販売いたします。鬼打ち豆、福豆など呼び方が色々あります!

当店の福豆は遺伝子組み換えでない国産無添加大豆を100%使用しておりますので、豆をまくだけでなく安心してお召し上がり頂けます♪ また、季節もののアイテムの為、今年も1回仕入れ、売れ切れ仕舞いとなります。ご了承のほどお願い致しますm(_ _)m

節分(2月3日)は年男(その年のえとの生まれの男性)あるいは一家の主人が「福は内、鬼は外」といいながら煎った大豆をまき、みんな自分の年の数だけ豆を食べるとこれから1年病気にならないと言われています。また妊婦のいる家庭ではこの豆を安産のお守りにもします。もともと宮中の行事が一般家庭に普及したものだそうです。

写真-4

POPもとりあえず書きました!豊作くんもおススメしております♪


節分 川越KOME山田屋

せっかっくですから自分で簡単に大豆から作れる節分の福豆の作り方をご紹介いたします!

①生の国産の新大豆を熱湯に約2時間半ぐらい浸します。
②浸して大豆がふやけたらザルに上げた後、キッチンペーパーなどで豆の回りの水分をふき取ってください。
③その後大豆をしっかり炒りますと柔らかい炒り大豆の完成です♪

ぜひお試しあれ~~!!

島の香り 隠岐藻塩米きぬむすめデビュー♪

今から3年前の10月14日(月)に放送された月曜から夜ふかしで紹介された『島の香り隠岐藻塩米コシヒカリ』を覚えていらっしゃいますでしょうか?

当時このお米を販売しているお店があまり多くなかったので、番組放送直後より購入希望やお問い合わせのお客様がKOME山田屋にも殺到し、今でも忘れる事が出来ない思い出の一つとなっております(^-^ゞ

そして2年前に、ご縁を頂き同じ隠岐藻塩米でもコシヒカリではなく、島根県を代表する品種である『きぬむすめ』を藻塩で試験栽培された物を当店でテスト販売させて頂く機会を頂きました。東京のお米屋さんと埼玉では当店だけの合計5店舗による藻塩米きぬむすめのテスト販売です。

その時、当店には300kgお分け頂いたのですが、もともと当店には既に藻塩米コシヒカリのファンがいらっしゃいましたので、この300kgがわずか2週間で完売してしまいました。

そして昨年はその約数倍の藻塩米きぬむすめを頂きましたが、昨年もまだテスト販売であった為、店頭には置かないで当店の裏メニュー的なお米として販売して来ました。 そして今年、島の香り隠岐藻塩米きぬむすめは正式デビューとなりました!

実は今年正式デビューが決定するにおいて、当店からの後押しや意見もかなり決め手になったと生産者さんや産地からも後日聞かされました。 最近は新しい品種のお米や人気の新ブランド米もどんどん誕生しておりますが、まだまだコシヒカリの生産や販売から脱却できない部分もあり、変わり者の当店としてはとにかく栽培を頑張って頂き、藻塩米きぬむすめの本格デビューを蔭ながら応援してきました!

藻塩米

待ちに待った島の香り隠岐藻塩米きぬむすめが入荷してまいりました!!!


隠岐藻塩米きぬむすめ

藻塩米きぬむすめ④

「島根県の隠岐島でとれるアラメという海藻を海水で煮詰めてできる藻塩。これを水で薄めて散布することにより稲がミネラルを吸収。さらに隠岐島の土壌はマグネシウムを多く含んでいるため、お米の甘み・粘り・弾力が違います。」と言う極々一般的なセールストークは止めにして、兎に角この3年間で今年が1番出来がよいです。

大粒でっしかりめではありますが、粘りも程良くあります。そしてこの米の一番のセールスポイントは何と言っても1口目より2口目2口目より3口目の方がお米の旨みを感じどんどん美味しくなっていく感覚がある事です。また、産地では味の濃いおかずに合うと言う言い方をされておりますが、もしこの味と品質を毎年維持し続けて頂けたら、藻塩米コシヒカリとは甘みの質は違いますが、別に濃いおかずでなくお米本来の上品なほのかな甘さと味が、おかずを引きたてるだけでなくごはん単体でも飽きることなく沢山食べれるお米だと思います。

テスト販売の1年目で既に産地の生産者さんにはKOME山田屋は藻塩米コシヒカリではなく、きぬむすめの方で勝負する心構えでいるので、とにかく美味しいやつを作って下さいと言い続けて来ましたので、今年のこの出来には本当に嬉しいです。また生産者さんと産地の努力に頭が下がります!m(_ _)m


2年前に藻塩米きぬむすめを食べて以来、産地の隠岐には一切黙っておりましたが実は密かに別の産地や生産者のきぬむすめを沢山食べて食味や印象を比べて来ました!お米以外の【食の展示会】でも、もしきぬむすめが並んでいたら必ずそのきぬむすめのサンプルを頂いては試食をしました。

28年産隠岐藻塩米きぬむすめについては、きぬむすめを超えた別物のきぬむすめと言うのが私の印象です。
ただ唯一困ったことは残念な事に正式デビューとは言え、今年はまだ生産量が少ないのでエンジン全開で販売出来ない事でしょうか?!むやみに急に作付けを増やして味にバラつきが出ても困りますけどね(^ ^;