小江戸川越のお米屋 "KOME山田屋"のトーキング・トゥ・米セルフ

連休

世間では今日からゴールデンウィーク休暇がスタートしたのをたった今知りましたf^_^;

国内産の雑穀を販売中!!
小江戸川越の精米屋 KOME山田屋

スポンサーサイト

前掛け



前掛けがボロボロになったので新しくしました。おむすびのデザインです(^皿^)

おなじ米
むすんだだけで
美味くなる


小江戸川越でお米・玄米・古代米・雑穀・豆・地粉のことなら川越 KOME山田屋

鯉のぼり

お寿司屋さんのあがり(お茶)

通常、お寿司屋さんのあがり(お茶)は粉茶を使うところが多いのですが、ご存知のお寿司屋さんで本当にしみじみ美味いと思うお茶を飲んだ経験はございますか?

実は、私の知っているお寿司屋さんで、とても美味いお茶を出す人がいるのです。そのお寿司屋さんのご主人によると、昔から業界でお茶にまつわるお話があるらしいのですが、あまりに上等で美味すぎるお茶を出してしまうと、お茶の旨みや甘味がお客様の舌をコーティングしてしまい、どんなに美味しいお寿司や新鮮な刺身を出しても、お茶の味に魚やシャリが負けてしまう為、美味しさが半減する感覚を与えてしまう傾向があるので、あまりにも美味しすぎるお茶はなるべく出さないようにしたほうが良いと言う考えもあるそうです。

しかし、私の知り合いのお寿司屋さんは、たとえお茶でさえも、お客様に美味しいものを召し上がって頂きたいという気持ちが強いので、従来のやり方に捉われる事なく、お金を頂く事ができないお茶に対してもかなり気を使って、美味しいものを出しています。

これだけ美味しいお茶を出してくれるのですから、その後に出されるお刺身やお寿司にもとても期待感があり、実際出されたお寿司は何を頂いてもとても美味しく、外れがないのです。こんなお寿司屋さんだからこそ、魚やお寿司についても相当の目利きと心遣いが出来るのかも。

小江戸川越でお米・玄米・古代米・雑穀・豆・地粉のことなら川越 KOME山田屋

標識

車を運転していて工事中に遭遇した時に気づいたのですが、道路標識や工事のサインってなぜ命令口調やキツく感じる言い回しが多いのでしょうか?

止まれ!右に寄れ!速度落とせ!○○あり!etc....。
止まって下さい。右に寄って下さい、スピード落として下さいじゃあダメなのかなぁ?(^_^;)

ドライバーや歩行者に注意を促したり、交通ルールを守らせるには仕方ないのでしょうか?かなり上から目線だよなあ(((゜д゜;)))

小江戸川越でお米・玄米・古代米・雑穀・豆・地粉・無添加食品のことなら川越 KOME山田屋

ムフフ(=^▽^=)




先日のキャベツも花が咲きました。なんとなく菜の花に似ています☆


黄緑色の桜




皆さん見た事ありますか?
とても高貴で綺麗でした(^O^)/

でも名前が...。鬱金(うこん)桜だそうですf^_^;


お取引先のラーメン屋さんに配達に行ったら何やらとても大きな新しい鍋が設置されていました。スープをとる為の寸胴鍋とおもったら、よく見直すと超特大の圧力鍋ではありませんか!!!!(・_・;)

こんなでかい、モンスターサイズの圧力鍋は初めて見ました。家庭用の圧力鍋の20倍以上はありそうです。
特大チャーシューでも大量に仕込むのでしょうかね?(^_^;)

小江戸川越でお米・玄米・古代米・雑穀・豆・地粉・無添加食品のことなら川越 KOME山田屋


先日キャベツの花が咲きそうだと言う話をしましたが、一足早くブロッコリーの花が咲いたので、お店に飾ってみました(^o^;)

国内産の雑穀を販売中!!
小江戸川越の精米屋 KOME山田屋

忙しい

何かにつけて忙しい、忙しいと言うのが以前の口癖でした。しかし、4年程前に心を亡くす、心を亡ぼすと書いて忙しいと言う字になる事を知って、なるべく忙しいという言葉を使わないように心掛けているのです。

人はあまりにも忙しくなると時間に追われてイライラしたり、自分本位になりがちになって、人に対する優しさや気遣いが疎かになる時があり、まさしく心を亡くしている状況そのものになってしまうからです。それに気づいてから忙しいという口癖だった自分自身が余計恥ずかしくなったのも事実です(^^")


また、忙しい、忙しいって言う時って1つの言い訳になっている事も多いじゃないですか。なぜなら優先順位の低いところは忙しいと言って後回しにしたりしても、どんなに忙しくても自分にとって優先順位が高ければ必ず時間を遣り繰りしたり都合付けますし。


ただ実際は、私の場合は少し忙しく時間に常に追われているほうが良いみたいです。それを実行して行くには自然と都合の悪い事を先延ばしできなくなり、また常にいろいろな事にアンテナを張ったり勉強をしていないと物事を段取り良くこなせないからです。


ご多忙より、ご多用のほうが心地良いのです(^^)v