小江戸川越のお米屋 "KOME山田屋"のトーキング・トゥ・米セルフ

夏休みの精米体験とお米のパン

精米体験

8月5日に近所の子供たちが夏休みの課題研究でお米の精米体験(玄米から白米にする)をしに来ました。精米する前にお米の品種やお米が出来るまでや精米とは何かなど様々な質問を受けました。

精米したのは、【地元川越産のこしひかりの玄米】と【北海道産のゆめぴりかの玄米】です。
この2種類のお米を食べ比べて味の違いを確認したり、このつきたてのお米を使って「お米のパン」を焼くそうです\(^o^)/

お米のパン
数日後に、この精米をしたお米から作ったパンを頂きました。スライスしたあと軽くオーブントースターで焼いたあと、手づくりの黒胡麻ペーストを塗って食べました。ほんのり米糠(こめぬか)の香りがしますが、なかなか美味しいお米のパンでした。

どんなレポートをするか楽しみですね♪ 私もとても楽しかったです(o^^o)


川越でお米・玄米・古代米・雑穀・豆・地粉のことなら
小江戸川越のお米屋&雑穀屋KOME山田屋
埼玉県川越市新富町1-8-1
Tel:049-222-1247

スポンサーサイト

いろいろブレンド!

いろいろごはん
昨日、店頭で販売するお米の中から4種類の玄米を、ブレンド内容もブレンド比率も一切気にせずに全く適当にブレンドした後に精米したお米を炊いて試食しました。

通常私がブレンド米を作るのは、お店のお料理やジャンルにあわせてオリジナルのブレンド米を作るのですが、昨日はそう言うのを考えることなくブレンドしてみました。
ブレンド米を炊いて銀シャリで食べたのですが、これがなんととても美味しいのです。甘みと粘りと艶のバランスがとても良かったのです。

偶然出来上がった美味しいブレンド米とは言え、ブレンド米の可能性を再発見しました!!

下の画像は、そのブレンド米を炊いて、裏庭でとれた大葉と茗荷をたっぷり乗せた冷汁ごはんです。食欲どんどんでますよ~~♪
冷汁ごはん


川越でお米・玄米・古代米・雑穀・豆・地粉のことなら
小江戸川越のお米屋&雑穀屋KOME山田屋
埼玉県川越市新富町1-8-1
Tel:049-222-1247