小江戸川越のお米屋 "KOME山田屋"のトーキング・トゥ・米セルフ

KOME山田屋ショップカード

山田屋ショップカード①
先日、イベント用に作成したショップカードがそこそこ評判が良いので、少しアレンジをし直して、定番としてお店用のショップカードも作りました。

実はKOME山田屋流のこだわりというか仕掛けがありますが、見て頂いた方は気づいて頂けましたでしょうか?

まず第一に、サイズをキャッシュカードサイズにしてあります。通常お店さんがショップカードを作る場合、名刺サイズか葉書サイズにするのが一般的です。リサーチしたところ名刺サイズが一番多かったです。しかし、営業マンやビジネスマン以外名刺入れなんて通常持ち歩きません。まして会社がお休みの日に名刺入れを持ち歩くなんて事はしないと思うのです。

また女性や主婦の方が気にいったお店のショップカードを持ち帰る場合、たいていお財布に入れます。
そうなると、名刺サイズのショップカードは長期にお財布の中で保存しようとしたら、キャッシュカードサイズでないとお財布の中で折れ曲がったりしてしまうのです。一度折れ曲がったり財布のサイズより弱冠大き目なサイズのショップカードは後日棄てたくなる可能性も増えます。実際私がそうですから。だから、財布の中にすっぽり収まるキャッシュカードサイズのショップカードにしたかったのです。

第二の山田屋のこだわり(仕掛け)はショップカードの淵の側面にもショップカードのデザインと同系色の紺色をつけている事です。これは、集められた沢山あるショップカードや名刺の中から当店のショップカードが埋もれないでより目立つ効果を考えました。また、財布や名刺入れに入れられた後に、側面に色がついていると簡単に山田屋のカードを見つける事が出来る事です。これは既に実証済デス!(^^)

このふたつの他にも使われている紙のテクスチャーや強度を変えたり、目に見えない細かい工夫を色々としておりますが、それに感応して頂いた人は、もしかしたらKOME山田屋の事を理解して頂けるかなあ?と勝手に自己満足しております(笑)


ちょっとお遊びで何枚かもう1つの工夫をしてみました。
古代米(黒米)の新米が入荷しましたので、ショップカードに1つ、1つ手作業で貼り付けてみましたf(^^)"
皆さんどうですか?目立ちますでしょうか??(^m^)v山田屋ショップカード2


川越でお米・玄米・古代米・雑穀・豆・地粉のことなら
小江戸川越のお米屋&雑穀屋KOME山田屋
埼玉県川越市新富町1-8-1
Tel:049-222-1247


スポンサーサイト

杉山フルーツさん

大人気の杉山フルーツのすぎちゃんこと杉山 清社長が川越まるひろ百貨店にライブ販売ツアーで3日間やって来ました。
杉山さん

フルーツゼリーが冷蔵ケースに並んだ状態は正に宝石箱
生フルーツゼリー

いつもの事ながらあの旨さに感動しました。フルーツそのものの美味しさと旨味をそのまま活かしたゼリーです。ゼリー部分もフルーツの味を邪魔しない、まごころの優しい味です。
杉山フルーツ ミックスゼリー

それにしても、この売れない時代に7年間以上に渡って日本全国でのライブ販売ツアーで大行列を作り続け、損得ではなく善悪で考える徹底的なお客様志向の商いのスタイルは、お客様ばかりでなく私のような商いをするものにとってもとても魅せられ、尊敬し常に目標とする方なのです。

お蔭様でモチベーションがとても上がりました!明日からまた頑張ろう!!!p(^_^)q

それにしても生フルーツゼリー本当に美味しかったなあ!


川越でお米・玄米・古代米・雑穀・豆・地粉のことなら
小江戸川越のお米屋&雑穀屋KOME山田屋
埼玉県川越市新富町1-8-1
Tel:049-222-1247