小江戸川越のお米屋 "KOME山田屋"のトーキング・トゥ・米セルフ

ますます繁昌

KOME山田屋 枡1

KOME山田屋 枡2

KOME山田屋 枡3


これらの枡はKOME山田屋でお米やお豆を量るのに昔から使っているのものです。もちろん今も現役として毎日しっかり働いてくれておりますp(^_^)q

升(枡)というのは古来から日本で使われてきた容量の単位です。一升は約1.8リットル。一合はその十分の一で約180mlです。この単位は、近年あまり使われなくなりましたが、KOME山田屋では特に豆はすべて枡による量り売りの為、その単位は一合・二合で販売させていただいております。

ところで皆さん「二升五合(にしょうごんごう)」と書いて何と読むかご存知ですか?老舗のお店では店先にこのような札がかけられているのを見た事がある人もいらっしゃると思います。

「二升五合」を分解すると「一升マス+一升マス+半升マス(五合)」となり、『ますます(升升)繁昌(半升)』や『商売(升倍)繁昌(半升)』と読むことができるのです!これは江戸時代に流行した言葉遊びの一つで、縁起が良いと商人達にもてはやされたようです。言葉って面白いですね。

ちなみにはんじょうという言葉は【繁盛】と書かれることが最近は多いですが、私は【繁昌】を好んで使っております。【繁昌】の本当の意味と言うか語源は存じておりませんが、繁昌の昌は上と下に「日」があるので、地道に日々の商いを重ねること=繁昌すると解釈しております。かなりこじつけかなぁ??(^^)v


スポンサーサイト

KOME山田屋まちなか田んぼ2014 (14日目)

KOME山田屋まちなか田んぼ14日目①

田植え後14日目です!

順調に育ってますと言いたいところでしたがなんと、当店の付近を行ったり来たりしている野良猫ちゃんに苗の先をかじられてしまいました(><)
KOME山田屋まちなか田んぼ14日目②

皆さん見て下さい葉先を見るとわかりますでしょうか!!

普段可愛い、可愛いと皆さん申しておりますが、稲だけでなく他にも被害があったりするんです....(苦笑)


涼しげになりました!

ドウダンツツジ

今年も店内にドウダンツツジを飾りました。依頼してあった高さ2m弱クラスの大きさのものです。

10年ほど前に都内のある和食の名店で飾られた見た大きな、大きなドウダンツツジに感動しまして、KOME山田屋でもいつか同じように飾ろう思っていたところ、昨年思い通りの大きさのドウダンツツジが手に入って以来今年で2年目です。

相変わらず全く米屋らしくないディスプレイではありますが、店内がとても涼しげになりました。こんな米屋が1店ぐらいあっても良いですよねf(^^)" 毎日けっこう楽しいです♪

紫陽花の季節

紫陽花@KOME山田屋
ことしも裏庭の紫陽花がポツポツ咲き始めました。

うちは日当たりがほとんどないので、紫陽花の棲家としてはとても適しているようです。このまま行くと、今年も綺麗な色の変化が沢山楽しめそうです♪

ところで紫陽花の花ことばをご存じでしょうか?『移り気』『心変わり』なんだそうです

【オイスターオリーブオイル漬け】

オイスターオリーブオイル漬け

過日ご紹介させて頂いた【焼き塩サバ】と同様に千葉産直サービスさんの新商品です!

【オイスターオリーブオイル漬け】

広島県産のむし牡蠣を使った、ワインを味わう、極上のおつまみ!

そのままでも食べられる広島県産むし牡蠣を、高品質のスペイン産EXバージンオリーブオイルと天日塩で漬けました。むし牡蠣はスモークしていないので、牡蠣の素材の美味しさが味わえます。またオリーブオイルはスペインの山岳地帯で実った、早摘みの有機栽培オリーブを低温で搾り、風味・香りともに最高のエキストラバージンオリーブオイルを使用。オリーブ本来のまろやかな風味に、若干の苦みと辛みの属性を持つ、バランスのとれた味が特徴です。(※燻製していない牡蠣のオイル漬けは非常に珍しいです)

缶を開封してそのまま食べても美味しいですし、牡蠣のエキスをたっぷり含んだオイルごと耐熱皿に移し、ニンニクを少量加えて香りが立つまで加熱するだけ。お店で食べるような贅沢なアヒージョが作れます。


さらに今日はこの【オイスターオリーブオイル漬け】と家庭で準備出来る食材を利用した簡単なお料理の作り方をご紹介させて頂きます♪

『季節野菜と牡蠣のアーリオオーリオ』
季節野菜と牡蠣のアーリオオーリオ

◎作 り 方
野菜はあらかじめ塩茹でしておき、オリーブオイルと、ニンニクスライスをゆっくり火にかけ、ニンニクがキツネ色になったら野菜、オイスターオリーブオイル漬けの順番に入れて、塩・胡椒で味をととのえて完成です。

どうですか?簡単でしょう?オイスターの素材が良いので美味しいですよ♪


『フレッシュトマト、新じゃが芋、ズッキーニ、牡蠣のアンチョビパスタ』
フレッシュトマト、新じゃが芋、ズッキーニ、牡蠣のアンチョビスパゲッティ

◎作 り 方
ニンニクとアンチョビを鍋にいれてオリーブオイルでゆっくり火に掛け、ニンニクがきつね色になったらズッキーニ、新じゃが芋、フレッシュトマトの順番で入れて、ゆで汁で全部を煮てまずソースを作ります。
そこに別に茹で上がったパスタを入れてからめて、仕上げにこのオイスターオリーブオイル漬けを入れてさっと全体をからめて完成です!


【オイスターオリーブオイル漬け】お薦めで~す!
KOME山田屋で絶賛販売中!!(^_^)v






命日

おはぎ
今日は祖父の命日なのでおはぎを作りました。
うちの家族は粒あんが好きなのですが、祖父はこしあんが好きだったのでこしあんのおはぎを作って仏壇に供えました。

KOME山田屋てづくりきな粉
きな粉の方はいつもの私が手づくりした自家製きな粉をたっぷり使ったおはぎです。

やはり手づくりが何より美味しいです♪(*^^*)





世界でたった一つのマイ箸が届いたよ~♪

やったあーーー!!!
本日待ちに待った世界でたった一つのマイ箸が届きました。
マイ箸A


このマイ箸は4月13日の表参道ごはんフェスに行った時に参加した『世界でたった一つのマイ箸作り講座』でつくった私の箸が仕上げの漆塗りが終わり1ヶ月して完成したのです。
表参道ごはんフェス


1ヶ月前の話になりますが、講座の様子です!
マイ箸講座


講師の宮嶋由美子先生。着物姿もりりしく、お話も上手です!
講座ではただマイ箸を作るだけでなく、お箸の使い方や作法、日本の食文化と箸についてもいろいろ教えて頂きました。
マイ箸講座①


マイ箸作りのスタートです。
マイ箸講座②


マイ箸作りに使う道具です。
色づけはなんとポスターカラーマーカーでした。特殊な塗料を使うのかと勝手に思い込んでおりましたので意外でしたf(^^)"
マイ箸講座③


世界にたった一つのマイ箸ですから、箸のサイズも私の手の大きさにフィットするものを作ります。
手のサイズを測ったのち、箸をカットして角をサンドペーパーで丸く加工しました。マイ箸講座④


色づけと箸の柄ですが、講座に参加された皆さんはそろぞれ思い思いにイラストを入れておられましたが、私はシンプルにイラストは入れませんでした。本当ならいつものように色々イラストを描きたいところではありましたが、ここはぐっと抑えました。どうでしょう?ちょっと渋い?!

当日の講座はここまで。あとは漆を塗って仕上がりを待ちました♪
マイ箸講座⑤


そして本日届いた世界でたった一つの私専用の箸です!!!
マイ箸B

マイ箸C

マイ箸A

マイ箸で食べれると思うとごはんがますます美味しくすすむような気がします。ごはんやお米の世界観も広がり毎日が楽しく過ごせそうです。

ごはん大・大・大好き!!
ごはん

明日のKOME山田屋は....。

田植え

明日、日曜日はお休みを頂戴いたします。
田植えのお手伝いに行ってまいります!毎年の行事ではありますが、足手まといにならないようにしないと(^^>

そして来週5月25日(日)はいよいよ川越パンマルシェが開催されます!KOME山田屋から歩いてすぐの小江戸蔵里さんでの開催です。当日は当店も通常営業致しますのでどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m


川越でお米・玄米・古代米・雑穀・豆・地粉のことなら
小江戸川越のお米屋&雑穀屋KOME山田屋
埼玉県川越市新富町1-8-1
Tel:049-222-1247



KOME山田屋まちなか田んぼ2014 (1日目)

まちなか田んぼ かえる

か え る さ ん も ご 案 内 !

昨日、田植えをしたKOME山田屋まちなか田んぼの上に今年もイラストを掲示しましたぁ(^-^)/

子供たちが頻繁に田んぼを見に来ますので、お米の品種とかもわかりやすいように書きました。

ちなみに品種は【キヌヒカリ】で〜す♪


まちなか田んぼ 翌日

KOME山田屋まちなか田んぼ2014 スタートです♪♪

いよいよ今年もKOME山田屋まちなか田んぼのスタートです!!


KOME山田屋の店頭のミニ田んぼで田植えを行いました。

埼玉県随一のショッピングエリアとも言われる川越クレアモールの街中に、小さいながら田んぼ作って稲を育てるのは結構驚かれます。それでもこの8年間の恒例にもなっておりますので、楽しみにしていらっしゃる人もおります。継続は力なりですね♪

また緑の極端に少ない通りですから、ミニ田んぼの水面のキラキラ輝く様子や青々と育つ稲の成長の移り変わりを見られるのは心も安らぎます。

例年通りミニ田んぼの中にビニールシートをはって、有機農業をされている農家さんから頂いて来た畑の泥を入れました。
KOME山田屋まち中田んぼ2014

KOME山田屋まち中田んぼ2014②

枯れ葉を集めて作っておいた植物性の堆肥を入れてよく混ぜます。
KOME山田屋まち中田んぼ2014③

この数年米ぬかも土に入れております。
KOME山田屋まち中田んぼ2014④

更に赤土と畑の泥を入れてよく混ぜます!
KOME山田屋まち中田んぼ2014⑤

土の様子を見ながら水を入れ、土に水が馴染むように一日放置してまた様子を見ます。
KOME山田屋まち中田んぼ2014⑥

苗も田植えするのにちょうど程よい大きさに育ったのでこれで準備OKで~す!!
KOME山田屋まち中田んぼ2014⑦

KOME山田屋まち中田んぼ2014⑧

土と水がよく馴染んだみたいなので、今朝(五月十五日)に田植えをしました。
山田豊作くん(かかし)もミニ田んぼの様子を見守っております。豊作くんはこれから毎日忙しくなりそうです!
KOME山田屋まち中田んぼ2014⑨

田植え完了しました!
お米の品種は【キヌヒカリ】 埼玉県内でも作付けがだいぶ少なくなったお米です。
KOME山田屋まち中田んぼ2014-a

そもそも、KOME山田屋が店頭でミニ田んぼを最初に始めたのは、今の子供たちは稲が育つ様子や、籾や稲穂や玄米などを見た事がない子がけっこう多いので、川越のまち中のクレアモールで稲を育てるのは意味があると思ったのです。
まち中のビルの谷間の、しかもお店の軒下に設置した田んぼの為、例年日当たり不足で生育が遅くてヤキモキするのですが、これでも楽しみしている人も結構いらっしゃるのです。

さてさて、まちなかのミニ田んぼで、今年もどんなドラマが見れるか毎日の観察がとても楽しみです。

これから5か月ほど、今年もお付き合いどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m