小江戸川越のお米屋 "KOME山田屋"のトーキング・トゥ・米セルフ

注連縄が届きました♪

しめ縄①

伊勢よりお店の入口の中心に飾る新しい注連縄が届きました。橙も大きく綺麗です。

これは伊勢注連縄と言われるタイプのものです。

伊勢の町を歩くと、家々の門口に注連飾りが掲げてあるのが目につきます。
中央に「蘇民将来子孫家門」あるいは「笑門」「千客萬来」などと墨書きした木札が付き、左右にシデやウラジロなどを飾った太い注連縄です。正月の注連縄飾りは普通は松の内が過ぎればはずすのが一般的ですが、伊勢志摩では、一年間かけたままで過ごす風習があります。魔除けや無病息災と人を招くと言われているそうです。

しめ縄②

KOME山田屋でもこんな感じで注連縄を一年間かけたままにします!

注連縄が届くと、お正月もすぐやって来ると気づかされます。その前に暮れのお餅を頑張って乗り切らないと!!p(^_^)q

スポンサーサイト

群馬へ

2015.12.09a
石川県のJAはくい様とパッケーデザインを共同で開発した、無肥料・農薬不使用のはくい自然栽培米のお取扱いの開始を頂いた群馬県高崎市の超セレクトスーパーの『まるおか』さんへJAはくいの粟木課長様、遠藤様とご挨拶に行って来ました。上の画像は過日、北國新聞に掲載して頂いたJAはくい、まるおか、KOME山田屋のコラボの記事です!

ただのご挨拶に行っただけでなく、はくいでの自然栽培米の栽培の現状や実情、そして今後の自然栽培野菜の動向についてもまるおかさんと情報&意見交換をさせて頂きました。

2015.12.09c


2015.12.09b

こちらがその共同デザインパッケージのはくい自然栽培米です!
粟木課長様、遠藤様の顔もどことなく嬉しそうです♪

KOME山田屋でも、はくい自然栽培米をご購入頂けま~す!!

2015.12.09d

そしてまるおかさんの帰りに、私の商いの仲間でもあるお漬物の森島さんのところにも寄らせて頂きました。お店の大小に関係なく群馬・高崎方面に行ったらまるおかさんとともに、皆さまをお連れしたかったお店でもあります。

相変わらずの森島節がさく裂しておりましたが、森島さんのお客様を大切にする商いの心や姿勢や信念は間違いなく響いたのではないかと思います。もちろん私も楽しい会話が持てました。

森島さんの新製品の『しそふりふり』(ゆかり)と大好きなしそ梅干しを購入して来ました!ごはんにとてもよく合いますね。美味しいごはんを更に引き立てるしそふりかけです!
実はこの梅干しの梅は森島さんが9年無農薬で栽培した梅としそと塩だけを使って漬けたものです。そして彼の売り方のスタイルは、無農薬とか農薬不使用とか農法などをまったく謳ってない事です。お店がお客様と真の信頼関係があればあえて無農薬や自然栽培などの謳い文句やセールストークでお客様を惹きつける必要などなく、お客様が森島さんの人となりを信じてご購入頂ける事をニュートラルに実践されています。

これは米屋だってきっと出来るはずです!私もガンバリますp(^^)q