小江戸川越のお米屋 "KOME山田屋"のトーキング・トゥ・米セルフ

ビックにビックなビックリニュースです♪

ビックアーモンドチョコ①

お待たせいたしました!入りましたよ♪ 今年は前置きを一切しなかった代わりに、例年より10日ほど早く入荷いたしました。ビックアーモンドチョコだけにビックサプライズです!!

KOME山田屋の人気商品『ビッグ・アーモンドチョコレート』の販売を今シーズンも明日より開始いたします。

12647271_1466774585_8623525255676638930_n.jpg

毎年、毎年リス君たちも注目&狙っている人気です!


ビックアーモンドチョコ②

本当に大きいのか疑いのある方もいらっしゃると思いますが、上記の画像のようにボックスティッシュよりは確実に大きいです!


12743653_1475516402459429_5075246043526602915_n.jpg

北海道よつば牛乳から作ったミルクパウダーをたっぷり加え、砂糖の代わりにパラチノース・還元麦芽糖水飴を使用しております。そして72時間にもわたって練り上げられ、とろりとろとろと口溶けはとても滑らか。そして中から、カリッと香ばしいアーモンドがごつっ、ごつっと出てきます。至福の瞬間です♪


こんなに大きくてもひとくち食べると優しい気持ちになれる甘さ控えめのテンダーチョコレート(*^^*)


初回入荷は毎年あっと言う間に売り切れてしまうので、ご予約もOKです!(^ー゜)
今日いち早くこのブログを見た皆さんはチャンスですよ~!

スポンサーサイト

はざ掛けとジャンボパンプキン

配達の合間にちょっとだけ足をのばして毎年、稲をはざ掛けの天日干しをされている様子を見て来ました。

はざ掛けもその土地、土地によってはで掛けと呼んだりはさ掛けと呼んだり、杭掛けと呼んだり色々ですが、今年もこの様子を見る事が出来ました。

稲わらの香りが漂って、なぜか心が落ち着きますね。これからも残したい風景です!




昨日、同じ商店街のフローリストモリタさんより恒例のジャンボパンプキンが届きました。ハロウィーン用のディスプレイで、毎年パンプキンをくりぬいてジャックオランタンを作っています。

今年は20Kg前後のジャンボパンプキンを予定していたのですが、36Kgが届いてしまいました!^^;^^;

21768025_1673829376059140_25973021619345713_n.jpg

早速、お店に飾りました。
豊作くんとのツーショット!お店が少しだけ華やかになりました。 だだ彫るのは結構大変かも?(*^^*)

22008004_1674896879285723_11493919088737749_n.jpg


揚げ餅にお米の試食

今日はお店はお休みを頂きました。

それでも私自身は農家さんのところへ行ったりとお仕事です!f(^_^)"


冷凍庫をのぞいたら、寒の時に搗いて冷凍保存してあった寒餅があったので揚げ餅にして大根おろしと醤油で食べました。今年の寒餅はとても美味しくつけていたので、半年以上冷凍保存していたもののとても美味しく頂けました。お餅を揚げて食べるのもオススメですよ♪



22045642_1672826949492716_1824769539665484691_n.jpg


最近はお米の試食も連日忙しいのですが、それもまた楽しいです♪
お米炊きほどシンプルだけど奥の深いものはありません。結果が簡単に出ないところがまた良いです。

試食②

試食①

よく画像を見たら、揚げ餅の器と試食ごはんの器が同じものでした。

明日からまたよろしくね~!!

亀の尾

店頭のKOME山田屋まちなか田んぼではなく、裏庭の発泡スチロールの箱に直播きした、亀の尾を刈り取りました。

東の亀の尾、西の朝日と言われる昔の品種のお米です。現代の稲と違い、背丈も高く収量も少ないですがエネルギーが沢山詰まっている感じです。元氣を頂きました♪

素人が実験的に直播きでやってみましたが、実がしっかりついて感動しました!\(^-^)/

よし、明日もカンバロー!







初栗と栗ごはん


今日は配達先で栗を頂きました。
我が家にとっては今年の初栗です!!

頂いた初栗


栗ごはん

それでもって今晩さっそく栗ごはんにして頂きました。旬の食材を食すって、身体に滋味沁み渡って元氣がわいてくる感じがして良いですね。初物なのでお気に入りの茶碗に盛りました♪ 美味しく頂きました。Kさんありがとうございましたm(_ _)m


そして明日は秋の彼岸の入りです。

皆さん旨いおはぎ作りの食材の準備は万全ですか?

2025e6.jpg

大納言

もち米


ごはんに手前味噌

こんな時間ではありますが、炊きたてのごはんを食べるところです。

サンプルとして頂いた新米の試食の為です。毎年の事ではありますが、新米の季節になると通常よりお米の試食回数が増えます。

21743370_1665573373551407_6913133995433809645_n.jpg

何も味をつけない白米で食べた後、手前味噌とごはんだけで頂きます。ツヤツヤ、ピカピカです!しあわせですね♪




裏庭のミニ田んぼ③に植えた奥手の稲も出穂しました。
以前クイズでこの稲は何でしょう?と出題したのですが、正解の該当者がいなかったあの稲です!これから涼しくなるのでしっかり実が入ると良いのですがちょっと心配でもあります。

21751948_1665553273553417_5110551112101009651_n.jpg


昨日、知らないうちに手を怪我してました!σ(^_^;)
どこでどうやって怪我したのかまったく覚えてないのです。私の場合、何か1つの事に集中していると意外とよくある事なのです。1日経過してだいぶ良くなりました。

21740307_1664264047015673_4092483082947403622_n.jpg

明日は祭日ですが営業いたします。よろしくお願いいたしますm(_ _)m


秋のお彼岸も近い



今日、配達先で彼岸花を見つけました。

子供の頃、彼岸花はお墓の敷地内で咲いている事が多く、死んだ人の血液を彼岸花が根から吸収して花が赤くなると言う家族のジョークを信じていて、彼岸花が咲いているのを見つけるととても怖かったのです。こんな私でも子供の頃は純粋な心を持っておりました!(^^;

8370_1662874490487962_547175989695760753_n.jpg

それが現在、彼岸花を発見するとなんとなく誘われると言うか、わくわくで引きつけられます。

収穫の秋と重なるからでしょうか?(^_^)


21742960_1661944633914281_4451205640992853562_n.jpg

昨晩はアンガーマネジメントの入門講座を受講して来ました。

21728431_1661944653914279_5747320984703042483_n.jpg

先生は宮嶋先生。

覚えていらっしゃる方もいると思いますが以前、世界でたった一つのマイ箸作り講座でもお世話になりましたあの宮嶋由美子先生です。このマイ箸講座でのご縁が、数年を経て今回のアンガーマネジメント講座へと繋がりました。人のご縁は不思議と言うより有り難く、やはり大切ですね♪

アンガーマネジメントとは、怒らないようにすることではなく、怒りを後悔しないことであると言う説明を聞いて私はとてもしっくり来ました。怒る必要のある事は上手に怒る。怒る必要のないことは怒らいようになる事だそうです!!

今回の講座で、私自身の怒りの傾向などを診断で知る事が出来、また自分の商いや人との関わりの中で怒りを上手にコントロールする方法もいくつか教えて頂きました。とても良いきっかけを頂いたと思います。

大人が食べたい蒲焼デス!!

お待たせ致しました!『大人の蒲焼』入荷しました!!

実は先週の金曜日に入荷していたのですが、慌ただしかったのとPOPも描けていなかったので今日のお知らせとなってしまいました!f(^^)"

まだか、まだかとお待ちになって頂いた皆さん誠に申し訳ございませんm(_ _)m

国産原料を厳選したサンマ蒲焼に、手摘み臼挽き紀州産の)山椒の粉入りです。
直火焼きした良質な国産サンマと、深みのあるスッキリとした甘辛いタレ。そして、爽やかな山椒の香りと刺激がたまらない何とも贅沢な『大人が食べたい』本格サンマの蒲焼缶です。



大人の蒲焼

大人の蒲焼②

とりあえず、炊きたてのあったかご飯の上にタレごとのせて蒲焼丼なんていかがでしょうか?o(^_^)o

羽咋(はくい)へ

先週、石川県の羽咋(はくい)へ田んぼ見学に行ってまいりました。当店でも人気のJAはくい のと里山自然栽培生産部会様のはくい自然栽培米の田んぼです。

はくい市は近年、自然栽培の聖地とも呼ばれ、JAはくいはJAでありながら肥料、農薬、除草剤、堆肥を一切使用しない無肥料無農薬栽培のお米や野菜作りに挑戦する、日本でもっとも先進的なJAであり、その凄さと志に少しでもお力になれればと思い、4年前より当店でははくい自然栽培米の販売をしております。

hakui①


北陸新幹線の開通で大宮から金沢までなんと2時間で行けちゃうのです。そして金沢からはくいまでは画像の花嫁のれん号に乗って行きました。花嫁のれん号には初めて乗りましたがゆったりした雰囲気がとても気に入りました♪

花嫁のれん号


そもそもはくい自然栽培米は、あの奇跡のリンゴで知られる木村秋則さんが羽咋市で講演を行い。それがきっかけで木村さんを塾長に迎えて自然栽培の農業塾がスタートしたのがはじまりです。はくい自然栽培米は木村さん指導により生まれ、その後も進化を続け現在のはくい式自然栽培に至っております。

hakui6.jpg


ご多用のところ今回ご案内頂いたJAはくいの粟木さん、高島さん、坂元さんありがとうございました。看板の前で記念撮影。ゴメンナサイ。私は顔出しをしてないのでここには写っておりませんf(^_^)"

hakui2.jpg


こちらの稲は、はくい自然栽培米のコシヒカリです。通常当店で販売しているお米です!

hakui3.jpg


そしてこちらは2年前より試験栽培を始め、これから作付けを増やして行く予定の能登ひかりです。
能登ひかりは1985年に石川県で開発・育成されたお米です。 一粒の形はやや大きめの面長で、炊きあがりは清涼感のある良い香りが漂います。味はさっぱりとしており、噛むと粘り強いモチモチ感があり食べごたえがあります。そして噛めば噛むほど旨味が口の中に広がる、能登の気候に合ったお米です。ただ現在、作付けされる農家さんは少なく、石川県内でもかなり希少なお米になりつつあります。

自然栽培能登ひかり

手にとっている下の画像が能登ひかりです。コシヒカリより早手のお米なので、稲穂の色も黄色っぽく成長も早いです。コシヒカリの稲穂はまだまだ青々としておりました。
新米が収穫されて能登ひかりの食味いかんでは、自然栽培の能登ひかりの販売を積極的にして行きたいと思います。同じお米でも自然栽培で育てる事により、食味にどう影響して来るのか今からとても楽しみです。 特に能登ひかりは現在、栽培されている生産者さんや作付けも少ないので可能性を秘めたお米でもあります。また、私の米屋としての勘ではありますが、能登ひかりは自然栽培に向くお米のようです。

hakui①


新しく完成した自然栽培米専用のライスセンターや農業塾の実習棟にもご案内頂きました。はくいが如何に自然栽培の先進地であるか垣間見る事が出来ます。ここまで到達するまでには数々の苦労と努力がかなりあったのではないでしょうか。

hakui10.jpg

hakui9.jpg

hakui7.jpg


はくいと言えば自然栽培米だけでなくその前に、はくいの名前を知らしめた『ローマ法王米』があります。
ローマ法王に食べて頂いたお米のあのニュースを覚えていらっしゃる方も多いと思います。そのお米がここ羽咋市の神子原の棚田のお米です!

hakui11.jpg

hakui12.jpg


羽咋市が手掛ける道の駅【のと千里浜】もちょうど7月7日に開業したばかりで連れて行って頂きました。売られているお米はもちろんはくい自然栽培米。そのほか自然栽培米の米粉ロールも人気商品だそうです!

hakui4.jpg

hakui5.jpg


道の駅内のレストランでお食事をしました。
選んだのが一番の人気メニューで粟木さん曰く、普段はいつも売り切れでなかなか食べれないそうです。私は運がよいですね♪
このレストランで味わえるほとんどの料理には、ベジブロスが使われています。ベジブロスとは野菜のお出汁で、このお出汁がいい味だしていて、優しい味で美味しいランチでした。

食事をしながら、JAはくいの粟木さんと本音ではくい自然栽培米のこれまでの経緯や、今後の展開、そして問題点や可能性などについて有意義なお話が出来ましたので、はくいに足を運んで本当に良かったです。

21105817_1646389548803123_6933113197632857895_n.jpg

今後の自然栽培の普及は、はくいでの自然栽培の取り組みの成否が大きく影響していくと思います。当店にとってはくい自然栽培米は品揃えの極数パーセントかも知れませんが、これからも協力さて頂きたいと思います。

田んぼや稲の様子を見学させて頂き、私はその可能性を肌で感じ帰路に着きました。

kanazawaeki.jpg