小江戸川越のお米屋 "KOME山田屋"のトーキング・トゥ・米セルフ

2.7パーセント

2.7パーセント

皆さんこの数字は何の比率かわかりますでしょうか?

実はこの数字は米穀機構による、コメ消費動向調査の28年度年間集計結果の中の、精米購入・入手経路(購入人数割合(複数回答可))です。簡単にわかりやすく申しますと、100人のうち2.7人がお米専門店、いわゆるお米屋さんからお米を購入されているというデータです。

つまり、お米屋さんでお米を購入されている人は100人のうちわずか3人にも満たないと言う厳しい現実を突きつけられたものなのです!




お米の購入先の1位はスーパーマーケットで49.7%でほぼ半分で、2位は家庭・知人から無償で入手17.2%、3位インターネットショップ9.6%、4位生協8.1%、5位生産者から直接購入6.2%、6位ドラックストア3.7%、7位その他3.2%、8位ディスカウントストア2.8%でお米屋はやっとここで登場の9位2.7%です。

お米の販売は100%お米屋さんであった時代は蔭も形もなく、遠い昔の記憶になってしまいました。

それでも米屋である当店を信用してお米を購入して頂いているお客様には心から深謝せずにはいられませんm(_ _)m

現実は現実として真摯に受け入れて、KOME山田屋でお米を買うのが何よりと一人でも多くのお客様に言って頂けるように、そして山田屋さんを贔屓にしていて良かったと感じて頂けるように頑張りたいと思いますp(^_^)q
スポンサーサイト