小江戸川越のお米屋 "KOME山田屋"のトーキング・トゥ・米セルフ

新茶の季節

八十八夜も過ぎ、茶摘&新茶の季節です。

本日、私は初新茶をいただきました。すこし濃い目に入れて飲みました!新茶の香りがたっぷりでとても美味しいかったです。『旬』の食べ物や飲み物は季節を愛でる事ができます。日本人に生まれてきて良かったとつくづく実感する瞬間でもあります。

ところで、新茶を摘むのには立春から数えて八十八日が適していると昔から言われておりますが、この八十八という数字はとても意味合いのある数字ですね。

たとえば上から八十八と書いて『米』いう字になります。何でもお米を作るには88の手間暇を掛けて作るからだそうです。

八は昔から末広がりにたとえられ、とても縁起の良い数字と言われ、八十八歳を祝うのが俗に言う『米寿』のお祝いですね。

お米・豆・雑穀のことなら 川越 KOME山田屋
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック