小江戸川越のお米屋 "KOME山田屋"のトーキング・トゥ・米セルフ

NOMO BLEND COFFEE (ポートランドロースティング NOMOブレンドコーヒー)

先日、友人より良いものを頂戴しました。
nomo coffee1
nomo coffee5

何だかわかりますでしょうか?よく見るとnomoと言う文字と独特のトルネード投法をした野茂英雄さんのラベルにCOFFEEの文字。

実はこれコーヒー豆なのです。コーヒー好きの野茂さんが今まで飲んだコーヒーの中で、もっとも美味しいと思ったアメリカオレゴン州のポートランドロースティング社に自ら足を運んでテイスティングして、そこで焙煎と味を追求し、彼が自信を持ってお薦めするオリジナルのnomoブレンドcoffeeとして商品化したものです。

豆はすべてオーガニックです。またそのポートランドロースティング社はファームフレンドダイレクトというプログラムをしていて、コーヒー豆を栽培する各国の現地の人とパートナーシップを築き、教育し質や生産の安定を高めたり学校を建てたりしているので、そのような会社の姿勢にも共感されたみたいです。


頂いたnomo珈琲豆は3種類です。
NOMO RISE light roast
nomo coffee2

NOMO BOLD medium roast
nomo coffee3

NOMO BLEND medium roast
nomo coffee4

すべて飲んでみましたが、どの豆もそれぞれの豆の個性と、豆の味と申しますか、旨みが引き出された美味しいコーヒーでした。豆も焙煎技術も良いのでしょうね。
個人的にはNOMO BOLD medium roastが私の嗜好に一番合うかな?!

あの野茂さんが自分の名前を敢えて冠して、美味いと率直にお薦めする意味に触れたような気がしました。これってよくある芸能人や有名スポーツ選手が広告塔になり収入を得たり、商品を販売するのとはコンセプトが全く違う、いわゆるこだわりの本物ですね


追伸
偶然にもこのポートランドロースティング社のある、オレゴン州のPortlandはかつて私が5年過ごしたところで、私にとっては第2の故郷のようなとても想い入れのある街です。
スポンサーサイト