小江戸川越のお米屋 "KOME山田屋"のトーキング・トゥ・米セルフ

今年の中間の節目の暑中見舞い

7月に入りました。

今年も半分終わってしまいました。そろそろ暑中見舞いの葉書きの準備をしないと。毎年早くから制作に取り掛かろうと思うのですが、直前にならないとどうしてもデザインや色使いのアイデアが出ません。

決まればあとは持ち前の集中力を大いに発揮して?一気に書き上げるのですが・・・。

言い訳として、旬を描くという事で、7月の中旬過ぎには送れるようにこれから頑張りたいと思いマス!!

川越でお米・古代米・雑穀・豆・地粉のことなら川越 KOME山田屋
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック