小江戸川越のお米屋 "KOME山田屋"のトーキング・トゥ・米セルフ

埼玉米

それにしても、今年の新米は例年と比較すると良くないので苦労しています。特に、地元川越や埼玉のお米は厳しいです。玄米を精米すると、いつもなら10~12%ぐらい減るのですが今年は歩留まりがとても悪いのです。本日サンプルで頂いた地元川越産のお米を試しに精米してみたら、20%近く目減りしていました。

お客様に販売する為に少しでも良い品物に仕上げようと、砕けた小米を小米取り機で振るい、着色粒や未熟米を機械で除去する為、歩留まりが悪くなりがちなのは当たり前ですが、そのようなお米を弾いて(はじいて)いかなければならないぐらい今年の品質は不安定です。真面目に丁寧に栽培されたお米もあるので、全てがもちろん駄目なのではないのですが・・・。

今年は無理に地元川越や、埼玉のお米を積極的に販売するのは見合わせようかな。販売計画と提案を深く思案中です!

スポンサーサイト