小江戸川越のお米屋 "KOME山田屋"のトーキング・トゥ・米セルフ

土佐天空の郷 白雲の彼方

KOME山田屋で3年前から販売をしているお米で、当店のお客様中でも特に味に厳しい方々から着実に支持を頂いているお米に、高知県本山町の新ブランド米【土佐天空の郷 にこまる】【土佐天空の郷 ヒノヒカリ】というのがございます。

徳に【にこまる】と言う名前のお米は関東ではまだあまり馴染みがないですが、日本一おいしいコメを選ぶ「お米日本一コンテスト2010」において最優秀賞に選ばれたのが「土佐天空の郷 にこまる」でした。西日本の生産者として初めて、しかもコシヒカリ以外の品種として初の受賞でした。

本日その本山町から、本山町農業公社事務局次長の和田さま、本山町特産品ブランド推進化協議会副会長の川村さま、本山町特産品ブランド推進化協議会委員の松葉さまがKOME山田屋に来店されました!
土佐天空の郷

短い時間ではありましたが、今年の稲の生育状況や土佐天空の郷のお米のお客様からの反応、米屋としての要望や期待などについて率直に意見交換させて頂きました。
ちなみに今年は低温の影響により、例年より数日生育が遅れ気味みたいですが、今のところ順調のようで24年産の新米も楽しみです。

本山町は四国の中央に位置し、高知県の北部の町です。 吉野川上流域に位置し、北には石鎚山地が、南には剣山地が連なる、豊かな自然の町です。 また町内にはシャクナゲや桜の見所も多く、春には町の至る所が美しいピンク色にそまる、花の町としても知られています。土地の大部分を山地が占めますが、棚田を利用した米作りが古くから行われ、高知県内でも有数の米どころとなっています。

本山町の棚田は標高250~850mまでと幅広く、「土佐天空の郷」は、栽培過程で室戸海洋深層水を葉面散布することでカリウムに対してマグネシウム含有率が高い為、大粒で張りのある米はもっちりとしており、噛みしめるほどに、甘みが広がります。
土佐天空の郷 棚田

また、当店では平成23年産から新しい条件(タンパク6.6以下で整粒歩合75以上)を設定して高品質なものをさらに厳選して「土佐天空の郷 にこまる 白雲の彼方」「土佐天空の郷 ヒノヒカリ 白雲の彼方」というワンランク上の最上級のにこまる、ヒノヒカリを販売致しております。

本山町の生産者の方々土佐天空の郷 生産者の方々

川越でお米・玄米・古代米・雑穀・豆・地粉のことなら
小江戸川越のお米屋&雑穀屋 KOME山田屋
埼玉県川越市新富町1-8-1
Tel:049-222-1247
スポンサーサイト