小江戸川越のお米屋 "KOME山田屋"のトーキング・トゥ・米セルフ

こうべを垂れる稲穂かな?

200708311441482
20070831144148
店頭の古代米の稲穂もだいぶ、こうべを垂れて来ました。

近くに接近して見るとわかるのですが、特に黒米の稲穂は少しずつ紫がかって来ました。

道行く人が立ち止まっては見て行きます。収穫が楽しみですね♪

川越でお米・古代米・雑穀・豆・地粉のことなら川越 KOME山田屋
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック