小江戸川越のお米屋 "KOME山田屋"のトーキング・トゥ・米セルフ

ますます繁昌

KOME山田屋 枡1

KOME山田屋 枡2

KOME山田屋 枡3


これらの枡はKOME山田屋でお米やお豆を量るのに昔から使っているのものです。もちろん今も現役として毎日しっかり働いてくれておりますp(^_^)q

升(枡)というのは古来から日本で使われてきた容量の単位です。一升は約1.8リットル。一合はその十分の一で約180mlです。この単位は、近年あまり使われなくなりましたが、KOME山田屋では特に豆はすべて枡による量り売りの為、その単位は一合・二合で販売させていただいております。

ところで皆さん「二升五合(にしょうごんごう)」と書いて何と読むかご存知ですか?老舗のお店では店先にこのような札がかけられているのを見た事がある人もいらっしゃると思います。

「二升五合」を分解すると「一升マス+一升マス+半升マス(五合)」となり、『ますます(升升)繁昌(半升)』や『商売(升倍)繁昌(半升)』と読むことができるのです!これは江戸時代に流行した言葉遊びの一つで、縁起が良いと商人達にもてはやされたようです。言葉って面白いですね。

ちなみにはんじょうという言葉は【繁盛】と書かれることが最近は多いですが、私は【繁昌】を好んで使っております。【繁昌】の本当の意味と言うか語源は存じておりませんが、繁昌の昌は上と下に「日」があるので、地道に日々の商いを重ねること=繁昌すると解釈しております。かなりこじつけかなぁ??(^^)v


スポンサーサイト