小江戸川越のお米屋 "KOME山田屋"のトーキング・トゥ・米セルフ

小米取り

kogome.jpeg

私が手に持っている白い粉みたいなのは何かと申しますと、お米を精米した後に機械のふるいで振った網の目からから落ちた、お米が砕けたり割れたものなのです。 業界用語でこれを小米(こごめ)と呼んでおります。

私達、専門のお米屋さんにとっては機械で小米を振い落とすのは極普通の作業です。この小米が精米されたお米に混ざったままだと炊いたごはんの食味に影響したり、また炊いたごはんがお団子の玉っぽく粘ってしまったりして、パリッとしたごはんが炊けないからです。

ほんの些細な作業工程ではありますが、専門店として手を抜くことは出来ないのです。やはり餅屋は餅屋なんです!


12814685_1491656350845434_441754861305563114_n.jpg

今日は朝から雨の中、銀行回りやお支払いに行って来ました。
行く先々や道のあちこちで知り合いにお会いして立ち話をしては戻りました。地元、地域密着の商いなので人とのコミュニケーションも大切ですね(*^^*)

東北194号

ささ結び

さて、試食米が炊きあがりました!!
どんなお味かなぁ?o(^_^)o
スポンサーサイト