小江戸川越のお米屋 "KOME山田屋"のトーキング・トゥ・米セルフ

素手むすびとラップむすび

にんじんごぼう

上のおむすびは人参・しめじ・ごぼう入りの茶飯むすびです。
同じように見えますが、実はちょっとだけ違うのです。おむすびの大きさが違うとか、具の量が違うという答えではありません。

ちょっと前に結んだおむすびはラップに包んで食べるよりアルミホイルで包んで食べた方が美味しいと言う話題がありましたが、その時に素手でむすぶのとラップでむすぶのではどちらが美味しい?というコメントを頂きました。

私は即座に『ラップより素手でむすんだ方が断然美味しいと思います。』とお答えしましたが、念のため検証してみました♪

画像の手前が手でむすんだもの。奥がラップ越しにむすんだものです。同じ条件で2回トライしてみましたが、私の場合は素手で結んだ方が美味しかったです。 素手でむすんだほうがごはんにテリが出るばかりでなくごはんに直接手が触れるので、手のひら感覚が影響するのか、おむすびの固さやまとめ方が微調整出来るのではないでしょうか?

また、ただ単に固さや大きさの調整だけでなく、どことなく素手でむすんだごはんの方がマイルドな味に感じました。やはり手から氣が直接伝わるのかなあ?^ ^

皆さんもぜひ検証してみて下さいp(^_^)q

おむすびいろいろ

スポンサーサイト