小江戸川越のお米屋 "KOME山田屋"のトーキング・トゥ・米セルフ

『はくい自然栽培米』

写真9

夜はひじきごはんを作りました。

お米は先日、新米に切り替わったばかりの『はくい自然栽培米』です。

木村さん

写真8


今から7年前に、世界遺産の地でもある石川県羽咋市のJAはくいさんが、奇跡のりんごで知られる木村秋則氏指導のもと、肥料・農薬・除草剤を一切使わず自然の力のみでお米の生産を開始しました。(JAはくい のと里山自然栽培生産部会)

本来JA(農業協同組合)とは肥料や農薬を提供して売上とするのが一般的ですが、はくいはその肥料や農薬や除草剤を使わない農業を推進する為に自然栽培農業塾を開催しています。


写真2

そして更に現在は、羽咋市の自然栽培の聖地化を目指してJAと市(行政)が一体となってプロジェクトを進めております。

そんなJAはくいさんと今から3年前にご縁頂きKOME山田屋でもはくい自然栽培米の販売およびPRにご協力をさせて頂いております。


写真

こちらは昨年JAはくいさんと当店で自然栽培米のオリジナルパッケージをコラボデザインさせて頂いたものです。

実はKOME山田屋ではくい自然栽培米より以前に最初に無肥料・無農薬・無除草剤の自然栽培のお米をお取扱いしたのは22年前で、当時は、米屋としては時代がかなり早過ぎたのか、なかなかお客様に理解して頂けませんでした。時を経てやっと時代が自然栽培に追いついて来たと言う実感があります。 お蔭さまで、このはくい自然栽培米も関心やご購入頂けるお客様が増えてまいりました。また、JAはくいさんも自然栽培の米作りや野菜、果物作りに着実に成果を上げていらっしゃいます。とても喜ばしい事です。

これからも自然栽培の流れが全国に広がるように協力して行きたいと思います。

写真-7


写真-4


写真-6

お米の感想を簡単に一言でいうと、とにかくごはんが進み過ぎてしまいます!!(^^)
ごはんだけでも3杯は行けちゃいますね♪

スポンサーサイト